撮影も!閲覧も! LINE カメラのすすめ

スポンサーリンク

この記事では「カメラの使い方のコツ」ということで、LINE カメラをご紹介します。

スポンサーリンク

どうしてLINEカメラ?

スマートフォンには、はじめから入っているカメラアプリがあります。

これを「標準のアプリ」といいます。

しかし、標準のカメラアプリは、メーカーによって違いがあります

アイコンを比べてみると、レンズ型のものもあれば、カメラ型のものもあります。

撮影するときの画面を見てみましょう。ボタンの位置や機能についても、少しずつ違いがありますね。

だから同じように操作できないのね

そこで、「LINEカメラ」です。

LINEカメラは、Playストアから誰でもインストールすることができるので、どのスマホでも同じように操作できます。しかも、このアプリひとつで機能もそろっていて、とても便利です。

多くの人が使う機能がすっきりと収まっています

LINEカメラはLINEにしか使えない?

でも、LINEカメラで撮った写真って、LINEでしか使えないんじゃないの?

実は、LINEカメラは、LINEとは全く別のアプリです。開発会社は一緒ですが、それぞれ単体で動作します。つまり、LINEカメラは、LINEの登録をしなくても利用することができます

撮った写真をLINEで送る必要はありません。純粋にスマホでみるだけでも良いですし、メールで送ったりすることもできます。

郵便配達と郵便貯金みたいなものですね。

LINEカメラをインストールしよう

LINEカメラ(LINE Camera)は、「Playストア」から無料でインストールできます。

「ラインカメラ」と入力して、検索しましょう。

OS(基本システム)

スマートフォンの面白いところは、いろんなアプリがあることです。

ガラケーと違って、スマホには「Android(アンドロイド)」という「OS(Operating System:基本システム)」があります。

この基本システムは、カメラなどのスマホの機械とそれぞれのアプリを「中継」する役割があります。つまり、標準のアプリ以外のカメラアプリも基本システムAndroidを通して、写真の撮影や閲覧ができるのです。

ふーん、よくわからないけど、あとから入れたアプリでも同じように写真が撮れるのね。

カメラセンサーは、写真撮影だけでなくビデオ通話などにも使われていますね。

LINEカメラの使い方

ギャラリーから編集画面を表示する

ラインカメラでは、「ギャラリー」から写真を「選択」すると、編集することができます。

簡単な写真編集

ラインカメラの編集では、手軽に色合いの調整や切り抜き(トリミング)ができます。

写真に文字を入れる

Tのマークの「テキスト」を使うと、文字を入力することができます。

「文字」・「輪郭」、それぞれの色を決めることができます。

文字の周りの枠をドラッグすると、大きさを変えたり、回転させたりもできます。

手書きをする(ペイント)

好きな色の「ブラシ」で手書きをすることもできます。

こちらもどうぞ

ブログ村ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
スマホ基礎
\記事が役に立ったらシェアしてね/
\ちいラボをフォローする/
スポンサーリンク
ちいラボ
タイトルとURLをコピーしました