アカウントってなぁに? 【IDとパスワードの素朴な疑問】

スポンサーリンク

アカウント」とは、サービスを利用する上での登録情報のことです。

個人を区別するための「ID(アイディー)」と、本人確認するための「パスワード」を決めます。IDとして使われるのはメールアドレスで、パスワードは英数字で8文字以上のことが多いです。

スポンサーリンク

具体的なアカウント(Googleアカウントの場合)

例えば、スマートフォンを購入するときに作ることになるGoogleアカウント。これは、アプリをインストールしたり、更新したりするサービスを利用するのに使われます。

Googleアカウントの場合は、氏名など個人情報を入力し「パスワード」を決めると、希望する「メールアドレス」がIDとして発行されます。これを「アカウントの作成」といいます。

グーグルはメールアドレスが登録するのではなく、作れるんですよねぇ。

次回以降は、インターネットのページでメールアドレスとパスワードを入力すると、登録したメールが見ることができます。これを「ログイン」といいます。

また、別のスマホに機種変更するときにメールアドレスとパスワードを入力すると、Googleの管理するデータを引き継ぐことができます

Googleの場合は会員登録は無料で、Googleからシステムの更新などの情報が送られてきます。また、アプリを購入するなど特別なサービスを希望すれば、お金を支払って使うこともできます。

ずっと無料の範囲で使うこともできるよね

アカウントの仕組み

このようなアカウントの仕組みは、これまでのお店でも銀行やレンタルビデオ屋さんが似ていますね。銀行なら、始めに連絡先と暗証番号を決めて、通帳をもらいます。口座番号がID、暗証番号や銀行印がパスワード(本人確認の手段)にあたります。レンタルビデオ屋さんも、身分証や連絡先を記入して、会員カードを発行します。会員カード番号がID、会員カードを持っていることがパスワード(本人確認の手段)になります。

インターネットの場合は、実店舗と違ってカードを見せたりはできません。そのためにIDとしてメールアドレス、本人確認の手段にパスワードが利用されいるわけです。

つまり「アカウントの基本」は、「サービスを利用する個人の識別」と「本人確認」のセットです。

インターネット銀行はかなり厳格で、パスワードだけでなく、郵送される「オンラインバンキング利用カード」の数字を記入することで本人確認することが多いです。

スマホにパスワードはいくつもある!?

よく「パスワードは覚えていますか」と伺うと「スマホのパスワードはこれなのに…」と言われることがあります。

これ、ちょっとおかしい点に気づきますか?

それは、「どのサービスのパスワード?」あるいは「どのお店のパスワード?」ということなんです。慣れていないと、「どのサービスのパスワード」という意識が希薄になりがちですよね。

アカウントは、必ず「利用サービス名」「登録したメールアドレス」「パスワード」の3つセットで覚えておくようにして下さい。

というのも、スマートフォンを購入したときから、いくつかのアカウントを持っていることが多いからです。代表的なものを挙げると、「Googleアカウント」「ドコモやauアカウント」「LINE」などなど、ショップで設定・登録してもらっていることが多いです。

このように、1つのスマホではたくさんのサービスを利用し、たくさんのアカウントを持っていることになります。

代行してアカウントを作成してもらうときは、何のサービスのパスワードなのか確認しておきましょう。あくまで「代行」なので、忘れてしまうと後日ショップに行っても教えてもらえません。

サインアップとサインイン

サービスの利用開始するときの会員登録のことを、「アカウントを作る」と言いますが、これには他の言い方がいくつかあります。ちょっと紛らわしいのでご紹介します。

  • アカウントを作成する
  • アカウントの新規登録
  • サインアップ

特に紛らわしいのは「サインアップ(sign up)」でしょう。似た言葉に「サインイン」があるからです。

「サインアップ」は新規登録で、「サインイン」は毎回の個人認証です。

つまり、初回の「サインアップ」のときに新しくパスワードを決めて、次回以降の「サインイン」のときには決めたパスワードを入力する、ということになります。

たまに「サインイン」のつもりで、「サインアップ」を押してしまって、うまく「入れない」ということがあります。ちょっとの違いが大違いですね。

アカウントで管理しているもの

そもそも「アカウント(account)」の元々の意味は「口座」です

お店側は、個人ごとに利用したサービスの内容支払った料金を記録しています。

というのも、インターネット・サービスはモノのやり取りがないので、この「アカウント情報」を使って、お店も利用者もどのサービスを利用して、どこまで支払い済みかわかるように管理しているのです。

この表だと、5月3日に1500円前払いして、その後3回アプリやスタンプなどサービス料を支払ったことになります。

有料のアプリやサービスを利用すると料金が発生します。このことを「課金」といいます。

まめ知識

もともと「課金」は、お店側がお客さんに料金支払いを「課す」という意味です。しかし、最近は、お客さん側が「有料サービスを利用する」という意味でも使われることが多いですね。

例:パズルゲームにはまってしまって、ついつい10,000円も課金してしまった。

まとめ

何かのサービスの会員登録を「アカウント」といいます。アカウントを利用するには、IDとパスワードが必要です。お店はサービスの利用履歴を「アカウント情報」として管理しています。

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました