MacにEmacsをインストールした 【パッケージ管理システムHomebrew】

スポンサーリンク

macOS 10.15 Catalinaには、はじめからEmacsが入っているわけではありません。

そこでMacでEmacsを使えるようにするまでの手順をまとめておきます。

Emacsとは

Emacsは、「1970年代からUNIXで使われているテキストエディタ」の一つです。

基本的にターミナル上(Windowsでは「コマンドプロンプト」)で動作し、「マクロ」による拡張性が特徴です。

プログラム開発やメール処理などいろいろな用途に使うことができます。

スポンサーリンク

MacにEmacsをインストールする2つの準備

emacsのインストールは、Homebrewというパッケージ管理システムを利用するのが便利です。

  • ターミナルからHomebrewをインストールする
  • Homebrewを使ってEmacsをインストールする
パッケージ管理システムとは

パッケージ管理システムとは、ソフトウェアのインストールとアンインストールを管理するプログラムです。

ソフトウェア同士やライブラリには依存関係があるので、勝手にソフトのデータを削除すると、別のソフトも動作しなくなる場合があります。

これまでのWindows PCでは、ソフト毎が個別に「アンインストーラ」を用意することも多かったです。しかし、パッケージ管理システムを利用して、ソフトを配布するケースも増えています。

まずHomebrewのインストールする

ということで、まずは、ターミナルからHomebrewをインストールしましょう。

ソフトのインストール方法はいろいろありますが、Homebrewは提供されるシェルスクリプトを実行することで必要な実行ファイルを利用できる状態にします。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

スクリプトの内容を大まかに言うと「実行ファイルをダウンロードして、整理して保存し、コマンドとして呼び出せるように登録する」ということを自動で処理してくれます。

このインストール作業はだいぶ時間がかかります。

補足:Homebrewをアンインストールしたい場合

ちなみに、Homebrew自体をアンインストールしたい場合も、Homebrew/installレポジトリで公開されているシェルスクリプトを実行します。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/uninstall.sh)"

Emacsをインストールできる

Homebrewがインストールできれば、Emacsのインストールは簡単です。

brew install emacs

このコマンドでソフトのインストールができます。

Homebrewがインターネットにアクセスして、データのダウンロードやインストールの処理をしてくれます。

少し待って、ターミナルが入力を受け付ける状態になれば、「emacs」のコマンドで起動できるようになります。

無事に起動しました。

こちらから購入できます

Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GHzクアッドコア第10世代のIntel Core i5プロセッサ, 8GB RAM, 512GB)

Apple MacBook Pro (13インチPro, Touch Bar, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5, 8GB RAM, 128GB)

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました