ホーム画面からアプリが消えてしまった!?〜ホームアプリの仕組み (京セラDIGNOの場合)

スポンサーリンク

スマホを使っていたら、アプリがなくなっちゃった…

どうしたらいい?

普段使っているアプリが急になくなった、という相談がよくあります。

この記事では、シニア向けのAndroidスマートフォン(京セラのDIGNO)を例に、ホーム画面とホームアプリの仕組みについて、解説していきます。

スポンサーリンク

アプリは「ある」、だけど「ない」

Androidスマートフォンを使っていると、「普段使っているアプリが全部なくなった」ということがあります。

しかし、実際にアプリが「なくなっている」わけではないことがほとんどです。

どういうことでしょう。

実は、変わってしまったのは「ホームアプリ」なんです。

ホーム画面は変えられる(Androidスマホ)

スマートフォンを起動して出てくる、ホーム画面。

実は、Androidスマートフォンの中にはいくつかのパターンが用意されています。

これを「ホームアプ」といいます。

ホームアプリ」は、スマートフォンのホーム画面を表示するアプリです。

アプリのアイコンを並べたり、時計や背景となる画像を変えたりできます。

ホームアプリによって、表示されるアイコンの数や並び方、大きさを変えることができます

例えば、京セラのDIGNOというスマホの機種の場合は、はじめから2つのホームアプリが用意されています。

標準ホーム」と「かんたんビギナーホーム」があります。

かんたんビギナーホーム」は標準より機能を少なくして、見やすくなっていますが、アプリなどは探しにくい場合があります。

この「ホームアプリ」、たまに変わってしまうことがあります。

そうすると、画面構成が大きく変わったり、アプリの配置が変わってしまって、「あれ?アプリが消えた」となってしまうのです。

入力方式も変わった?

また、シニア向けのスマホの場合は、入力方法もいくつか用意されている場合があります。

DIGNOの場合もそうです。

ホーム画面が「かんたんビギナーホーム」に変わると、入力も「ケータイ入力」に変わる場合があります。

設定項目を注意して読むと、「勝手」には変わらないけど、ついうっかり変わる、ということが多いです。

ホームアプリの切り替え方

でも、ホームアプリが勝手に切り替わってしまったとしても、自分で戻すことができます。

そんなときは「設定」アプリ。

  1. アプリ一覧から「設定」アプリを選びます。
  2. 下にスライドして「ホーム切替」を選びます。
  3. 標準ホーム」を選んで、 「OK」をタッチします。
  4. 「かんたんビギナーホームの終了」の画面で「OK」を押します。

この「かんたんビギナーホームの終了」の画面で、「文字入力をスマホ入力にします」にチェックをつけて「OK」にすれば、文字入力も変更されます。

かんたんビギナーホームの特徴

なんで、わざわざ2つもホーム画面があるの?

ややこしいよー

Androidスマートフォンのホーム画面は、人それぞれが使いやすいように選ぶことができます。

ホームアプリは、アプリストア(Googleプレイストア)で後から追加することもできます。

個人個人が、使いやすいように設定を変更することを「カスタマイズ」といいます。

標準ホーム」は、ほかの機種のスマートフォンと同じように操作できる、というメリットがあります。

「標準ホーム」では、よく使うアプリをホーム画面に配置して使い、たまにしか使わないアプリは「アプリ一覧」から探して使う、というのが一般的です。

一方の「かんたんビギナーホーム」は、はじめてスマートフォンに触る人が「迷わずに」操作できるように、シンプルにしています。

「かんたんビギナーホーム」では、アプリを使うときは、常に中央の「アプリ」のボタンを押してアプリ一覧から探す、という設計になっています。

どちらが「使いやすい」かは、人それぞれですね。

余談ですが、常に同じ操作で説明できる、というのは、コールセンターなど電話相談でも、「教えやすい」というのもメリットもあります。

勝手にホームアプリが変わる原因、第1位(経験上)!

しかし、そもそもなんで「勝手に」変わってしまったんだろう

一概に言えないのですが、経験上もっとも多いのは「システムのアップデート」です。

スマートフォンを利用していると、たまに「システムのアップデート」をするように画面が表示されることがあります。

アップデート(更新)」とは、最新の状態にすることです。

メーカーは、システムの問題点を解決したり、機能を強化したりして、「アップデート」できるように用意します。

この「システムのアップデート」をすると、設定が「クリア」されてしまうことがあります。

すると、スマホは「どのホームアプリを使うのか?」メッセージで聞いてきます。

このときに、普段使っているホームアプリの名前を「知らない」と、間違ったものを選んでしまうことが少なくありません。

ちいラボ
ちいラボ

ややこしいことではありますが、このようにスマートフォンは設定が「変わってしまう」ことが多いです。

だから、なるべく「自分で設定をする」ということが大切ですね。

まとめ:ホームアプリは設定できる

今回は、普段使っている「ホーム画面」は、「ホームアプリ」というアプリによって動作していることを勉強しました。

普段使うホームアプリは、「設定」から変更することができます。

仕組みがわかると、困ったときも大丈夫。

ぜひ、日頃からいろんな設定を試してみておくと、良いですね。

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました