スポンサーリンク

かな入力で打てる文字一覧 【Androidスマホ iWnn IME】(BASIOなどのキーボード)

Androidスマートフォンで「かな入力」で打てる文字の一覧をまとめてみました。

Androidスマートフォンにはいろいろな機種があります。

もし違うケースのみるべきポイントも合わせて解説します。

スポンサーリンク

かな入力のテンキー

iWnnキーボードの「かな入力」
iWnnキーボードの「かな入力」

上のようなキーボード配置を「テンキー」といいます。

中央の入力キーは 3列×4行で全部で12キーあります。

「あ」~「わ」の10キーと「大↔小」・「、」の2キーです。

文字一覧

これらのキーで打てる文字を一覧にしてみます。

「かなキー」の一覧表
「かなキー」の一覧表
  • あ…あいうえお
  • か…かきくけこ
  • さ…さしすせそ
  • た…たちつてと
  • な…なにぬねの
  • は…はひふへほ
  • ま…まみむめも
  • や…やゆよ()
  • 大↔小…このキーは「あ」を「ぁ」にしたり、「は」を「ば」・「ぱ」にするのに使います
  • わ…わをんー
  • 、…、。?!

「あかさたな」ですよね。これぐらいなら知ってるよー

おっと、ここで特に注意してほしいのは、「や」・「わ」のキーです。

ここには、かな文字だけでなく、「かっこ」や「伸ばし棒」の記号があります。

記号がどこにあるのか、意外と気づかないですよね。

同じキーで別のかなを入力する方法

文字連打する場合フリック入力の場合
1回止め
2回タッチして左へフリック(ずらす)
3回タッチして上へフリック(ずらす)
4回タッチして右へフリック(ずらす)
5回タッチして下へフリック(ずらす)

フリック入力とケータイ打ち

今までの入力方法じゃいけませんか?

もちろん、大丈夫! でも、「指先の体操」と思って、少しずつ練習してみてほしいです。

ポチポチと連打する入力方法を「ケータイ打ち」。

スッスッと指で払うように入力する方法を「フリック入力」といいます。

余談ですが「フリック(flick)」というのは、「はね飛ばす」という意味です。

お習字の「払い」をイメージしてみてください。

これまでにケータイに慣れている人は 「ケータイ打ち」 に馴染みがあると思いますが、ここはぜひ「フリック入力」に挑戦してみて下さい。

それは「手早く・ストレスなく入力できる」からです。

別に速く打てなくてもいいよー

そう思いますよね。でも、「ストレスなく入力」できる、って大切です。

「大↔小」切り替えキー

「大↔小」切り替えキーは少し特徴的なキーです。

「大↔小」切り替えキーは、他のキー入力と組み合わせて使います。

直前に入力した文字(例えば、「あ」)を小さくしたり(「ぁ」)、濁点を付けたり(例えば「か」→「が」)するキーです。

このキーのおかげで、12キーという少ない数で五十音が全て打てることになります。

タイトルとURLをコピーしました