結局シニア向けスマホって何が違うの? 【らくらくスマートフォン・ベイシオ(BASIO)・シンプルスマホ・かんたんスマホ】 シニア世代のスマホ選び

スポンサーリンク

はじめてスマートフォンに変えるときに心配なのが「ちゃんと使いこなせるかしら?」というもの。

そんな心配に答えるのが「シニア向けスマホ」ですが、そうはいっても、いろんな種類が販売されています。

私のスマホはどれかな? 友だちのスマホと違うのはなぜ?

そんな疑問にお答えするべく、今回は「キャリア」と「アプリ」というキーワードをもとに「シニア向けスマホ」について考えてみましょう。

スポンサーリンク

携帯会社(キャリア)ごとに違う

まず、具体的に代表的なシニア向けスマホの機種を見てみましょう。

代表的なものは4つあります。

  • らくらくスマートフォン:ドコモ・富士通
  • BASIO(ベイシオ) :au・京セラ
  • シンプルスマホ:ソフトバンク・シャープ
  • かんたんスマホ:ワイモバイル・京セラ

「らくらくスマホ」・「簡単ケータイ」・「シンプルスマホ」・「かんたんスマホ」、と言われると、なんか一般用語に聞こえますが、実はどれも固有の機種名なんです。

キャリアとシニア向けスマホはペア

そして、よく見てみると、大手の携帯電話会社(キャリア)が、それぞれに1種類ずつラインナップしているのがわかると思います。

この大手の携帯電話会社のことを「キャリア」といいます。

つまり、キャリアごとに機種が違います。

面白いですよね。

シニア向けスマートフォンは、それぞれの携帯電話会社(キャリア)と国産携帯電話メーカーがペアになって開発・販売されています。

ですので、「auで携帯電話の契約をしているけれど、らくらくスマートフォンを使いたい」、みたいなことは「基本的にできない」ことになります。

ということは、これら4つの機種の違いを気にしても、あまり仕方がありません。

「シニア向けスマホ」を選んで携帯ショップに行くとオススメは一択ということになります。

わかりやすいですね。

ポイント

シニア向けスマホの機種はキャリアで決まる!

補足:SIMフリー端末ってどうなの?

あれっ?と「基本的に」という言葉にひっかかりを覚えた方は素晴らしい!

厳密な話が気になる人のために、ちょっと補足をしておきますね。

それは「SIMフリー (シムフリー) 端末」というキーワードです。

難しいな、という方は、次の項目まで飛ばしても大丈夫。

聞いたことありますか?

「SIMフリー」。

「SIM」というのは、電話番号が記録されているICカードのことで、携帯基地局と通信するために必要です。「SIMカード」ともいいます。

現在、販売されているスマートフォンは基本的に「SIMフリー端末」です。

カタカナ語の意味調べ

「SIMフリー」 というのは、自由に別の携帯キャリアのSIMカードを変えることができるスマートフォン機種のこと。

反対に同じ携帯キャリアのSIMカードにしか変えることができない場合は「SIMロックされている」といいます。

「SIMフリー端末」は、別のキャリアに契約を切り替えても同じスマートフォンを使い続けることができます。

以前はスマートフォンの買い替えにはハードルがあった

もし、スマートフォンが特定のキャリアでしか使えないとなると、キャリアを自由に変更できません。

別のキャリアの料金が魅力的でも、スマートフォンの買い替えが必要だと二の足を踏んでしまいます。

それでは独占状態になり自由な競争にならない、ということで、2015年以降のスマートフォンは「SIMカード」を切り替えることにできる設計になっています。

シニア向けスマホもSIMフリー

上で説明したシニア向けスマートフォンもSIMフリー端末なので、どのキャリアのsimカードにでも入れ替えて使うこともできます。

具体的には、例えば auユーザーが「らくらくスマートフォン」を使いたい場合、中古品の「らくらくスマートフォン」をネット通販やフリマアプリ(メルカリなど)で購入して利用する、ということは「可能」です。

もっとも、現実的にはそういうことをする人はあまりいません…

だって、そんなややこしいことをする人は、わざわざ「シニア向けスマホ」を必要としないですものね。

シニア向けスマホと一般のスマホの違い

さて、話を戻します。

シニア向けスマホにも、キャリアごとに違うメーカーが作っていることを説明しました。

もう一回おさらいすると、

  • らくらくスマートフォン:ドコモ・富士通
  • 簡単ケータイBASIO(ベイシオ) :au・京セラ
  • シンプルスマホ:ソフトバンク・シャープ
  • かんたんスマホ:ワイモバイル・京セラ

よく「シニアでも簡単♪」といわれますが、「シニア向けスマホ」は「一般のスマホ」とどう違うのでしょう。

それとは別に、一般のスマホと同じところは何なんでしょう。

ちょっとまとめてみました。

シニア向けスマホは基本機能(OS)に特徴がある

らくらくスマートフォン・簡単ケータイBASIO(ベイシオ)・シンプルスマホ・かんたんスマホ、に共通するポイントは何でしょう。

それは「シニアに優しい」ということですよね。

具体的に言うと

シニア向けスマホの特徴
  • 画面が大きくて文字がはっきり(画面サイズ)
  • よく使う機能のための特別なボタンがある(ハードボタン)
  • アプリが目立つ(ホーム画面の違い)
  • 文字入力がわかりやすい(入力キーボードの違い)
  • 設定項目が少ない(設定アプリの違い)

スマホの基礎になるシステムが、シニア向けに調整されています。

いわば「カスタム・チューンナップ」された車みたいなものです。

ホーム画面で比べてみよう

ここではわかりやすい「ホーム画面」の違いを見てみましょう。

ポイント

「ホーム画面」はスマートフォンで一番頻繁に見る画面で、並んでいるアイコン(絵柄)をタッチして、いろいろなアプリを切り替えることができます。

らくらくスマートフォンは一段独特

シニア向けスマホの中でも、「らくらくスマートフォン」が一番「独特で特徴的」です。

アイコンに注目してみましょう。

  • 一般のスマホ…アイコンと文字のみ
  • 他のシニア向けスマホ…アイコンがボタンとわかりやすいように大きい
  • らくらくスマートフォン…タイルのようにボタンが配置されている

基本となるシステムが使いやすく設計されている

この基礎にするシステムのことを「OS(オーエス)」といいます。

逆に言うとこの部分が、一般のスマホと「違ってみえる」部分です。

どういうことかというと、シニア向けスマホは基本システムがやや独特なので、家族が教えようと思っても、機種の違いで戸惑うケースが多いんです。

アプリは一般のスマホと同じ

とはいえ、「シニア向けスマホ」もスマホです。

一般のスマホと同じ部分もあります。

それは、アプリの使い方。

「スマホの追加機能」のことを「アプリ」といいます。

「追加機能なんていらないよー!」という方もいそうですが、みなさんよく使う「LINE(ライン)」や「マップ」だって、アプリです。

地図をみたり、メッセージをやりとりしたり、一旦アプリに切り替えてしまえば、「シニア向けスマホ」も一般のスマホと全く変わりません。

マップアプリを見てみましょう

実際に「マップ」アプリを見てみると、「らくらくスマートフォン以外のシニア向けスマホ」では、一般のスマホと同じ画面です。

一方で「らくらくスマートフォン」だけは特別で、ガラケーの「地図アプリ」のようなアプリが用意されています。

このように、「シニア向けスマホ」の中でも、特に「らくらくスマートフォン」はこれまでガラケーを使っていた人が戸惑わないようにもっとも手厚くデザインされています。

しかし、その分 他のスマホと違いが大きいです。

ポイント

「らくらくスマートフォン」は独自色が強い。

その他の「シニア向けスマホ」は、見た目がわかりやすいけれど、中身や使い勝手は一般のスマホとあまり変わらない。

ネットも一般のスマホと同じ

スマホの難しさには、「はじめのとっつきにくさ」もありますが、それは比較的すぐに慣れます。

一方でややこしいのは、インターネットの部分です。

しかし、スマートフォンのアプリは、インターネットと切ってもきれない関係があります。

「アカウント」とか、「パスワード」とか、「セキュリティ」とか。

インターネットはどこでも使える便利な半面、対面ではないために「本人確認」が大事になってきます。

「アカウント」も「パスワード」も「セキュリティ」も、対面でなく買い物や予約など「契約」をするために必要なのです。

これからの社会生活では、この仕組みを知っておくのはとっても大事。

車も包丁やコンロも、はじめは勉強が必要ですよね。

スマホ自体は操作が簡単なのですが、実際に使っていくとアプリやネットの勉強が大切です。

まとめ:シニア向けスマホのメリットと限界

ということで、「シニア向けスマホ」についてまとめてみます。

ここでは、「キャリア」と「アプリ」という言葉をおさえておきましょう。

前半に話したのは「キャリア」の話

携帯電話会社ごとに販売されているシニア向けスマホは違います。

そのそれぞれのメーカーが独自に使いやすさを考えて設計しているということです。

シニア向けスマホもいろいろ。

特に、ドコモの「らくらくスマートフォン」はスマホの中でも特徴的です。

後半に話したのは、一般のスマホとの違いと共通点

基本操作(OSの部分)は見やすいけれど、「アプリ」は一般のスマホと一緒なんです。

ですので、入り口はわかりやすいように設計されていますが、使っていくときに一般のスマホと変わらなくなります。

つまり一般のスマホを購入しても、シニア向けスマホを購入しても、「わからない・ややこしい」と思うようになる部分は、全く変わりがありません

とはいえ、はじめが不安であれば、「シニア向けスマホ」はわかりやすい選択肢です。

わからない部分は、一緒にちいラボで学んでいきましょう。

じっくり今の情報社会の仕組みを学んでみるのは、とっても発見も多いと思います。

どのスマホでも大丈夫

ちいラボでは、個人授業でスマートフォンをお教えしています。

だから、「一般的なスマホ」でなくても、しっかり対応できます。

「せっかくシンプルなシニア向けスマホを購入したのに、いざ教室で習おうとすると、一般的なスマホの講義を聞くことになってかえって混乱した」というお話をよく聞きます。

教える立場からは「理由」はよくわかります。

どうしても「講義」は「大多数の人」のためのものになってしまうからです。

でも、それでは教わる人にとっては「隔靴掻痒」、足がかゆいのに靴の上からかくようなもので、「ややこしい」ですよね。

自分のスマホで直接教えてほしいという方は、ぜひ「ちいラボ」にご相談下さいね。

これまで「ややこしい」と思っていたことが、「すっきり」します。

こちらもどうぞ

今人気です!  実はシニア向けスマホを使っている人の割合が多くなっている
スマートフォンの中でも「シニア向けスマホ(かんたんスマホ)」は、ちょっと「特殊」と思っている方も少なくないと思います。しかし、実は最近シニア向けスマホの売れ行きが好調のようです。今日はそんなニュースをご紹介します。売上上位...
【10月20日まで!】 スマホから国勢調査のインターネット回答してみた (2020年9月) 【ログインIDとアクセスキー】
国勢調査の案内が届きました。デジタル化の流れもありますし、せっかくなのでインターネットで回答してみました。10分かからずにできましたよ。調査期間は10月20日(火)までです。引き続きインターネットでも受け付けていますよ。...
台風が心配、停電でもテレビの防災ニュースを見たい!〜「NHKニュース・防災」アプリのはじめ方
大きな台風は心配よねぇ停電になると、テレビは使えません。今回は、防災アプリの中から「NHKニュース・防災」アプリを使って、河川の情報をみてましょう。停電でもNHKの防災ニュースが見られるまずは、どんなことができ...
スマホのプロって何だろう? 個別の機種の質問も大丈夫
ちいラボは スマホ教室なので、「スマホのプロ」です✨「 でも、 スマートフォンなんて今どき誰でも使っているやん」うっ…💦 確かに、そうですよね(^^ゞ家族に聞くのと違いがなければ、わざ...
タイトルとURLをコピーしました