スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Chrome」と「インターネット」は何が違うの? 【BASIO 3の2つのブラウザ】

インターネット小話スマホ基礎

スマートフォンを使っていると、インターネットを見るアプリが2つあることに気づく方も多いのではないでしょうか?

メーカー製の「標準ブラウザ」とグーグル製の「クローム(Chrome)」です。

今回は、インターネットを見るための「ブラウザ」について説明します。

環境

BASIO 3、京セラ、Android 7

スポンサーリンク

「インターネット」と「Chrome(クローム)」

例えば、BASIO 3でインターネットを見る場合、「インターネット」と「Chrome(クローム)」の2つのアプリがあります。

インターネットを見るアプリのことを「ブラウザ」といいます。「ブラウザ」は、いわばインターネット世界を自由に移動するための「乗り物」です。

インターネット閲覧アプリの名前が、「インターネット」だったり、「クローム」だったりするわけです。

「インターネット」と「Chrome(クローム)」、それぞれの特徴

ふだん意識しない「乗り物」ですが、

特徴

・京セラの「インターネット」は、文字が大きいで初心者にやさしい
・グーグルの「クローム」は、正しく表示される


とそれぞれ持ち味があります。

ややこしいことに、Google検索のバーでインターネット検索すると、「インターネット」アプリではなく、「Chrome」アプリで表示されることがあります。

使っている人は「インターネットを見ている」という意識なんですが、いつの間にかアプリが違うのです。

操作メニューが違うので、少し戸惑いますね。

BASIOに限らず多くのスマートフォンには、このようにメーカー製の「標準ブラウザ」とグーグル製の「クローム(Chrome)」が同梱されています。

最近は「クローム」アプリだけのスマートフォンもあります

標準ブラウザでは表示できないページがある

とはいえ、特に意識しなければ、標準ブラウザを使っていることも多いと思います。

しかし、標準ブラウザでウェブサイトを見ていると、たまに困るケースがあります。

例えば、金融機関などのウェブサイトは、いろいろな取引や手続きをするため、複雑なプログラムで動作しています。

このようなページは「クローム」など大手アプリでないと、正しく表示できなかったり、データをダウンロードできなかったりすることがあるのです。

ウェブサイトの「推奨環境」として、「Chrome」など指定されることがあります。

このような理由から、スマートフォン操作に慣れてきたら、「クローム」でインターネットを見るのがオススメしています。

ブラウザを変えたらパスワードを入力し直す必要がある

「クローム」アプリを使い始めるときに、一つ注意点があります。

これまで標準の「インターネット」アプリで自動的にログインできていたウェブサイトも、「クローム」では改めてパスワードを入力する必要があるのです。

これは、入力したパスワードはブラウザ(インターネットをみるアプリ)ごとに記憶されるからです。

もちろん、クロームで一度パスワードを入力してログインすれば、パスワードを記憶させることもできます。

もしパスワードがわからないときは?

ふだんスマートフォンにパスワードを覚えさせていても、ちゃんと自分でも入力できるようにしておかないといけないのね。

そうなんです。

だいぶ前にパスワードを記録して、すっかり忘れてしまった、という場合には、パスワードを確認したり、再発行しないといけないケースがあります。

パスワードがわからないまま、とりあえず今のブラウザで使い続けたらどうなるの?

しばらくは大丈夫ですが、もしスマートフォンが故障したり、買い替えたりしたら困ってしまいます。

「パスワードがわからない」ことに気づいたら、早めに手続きをしましょう。

ほとんどのウェブサイトのログインページには「パスワードがわからない場合」というリンクがあります。

あらかじめ登録している情報を入力することで、本人確認ができるとパスワードを再発行することができます。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
「Chrome」と「インターネット」は何が違うの? 【BASIO 3の2つのブラウザ】
タイトルとURLをコピーしました