プレインストール版 Office 2016 セットアップ

スポンサーリンク

パソコンを購入する際にワードやエクセルなど、マイクロソフトオフィスが付属しているものを選ぶことが多いですが、初期設定でつまづいてしまう方をよく聞きます。

そこで、今回はプレインストール版Officeのセットアップについて解説します。

スポンサーリンク

必要なものを確認しよう

Office 2016 のセットアップには、Microsoft アカウントと Office 製品のプロダクト キー(25 文字が必要です。

  • パソコンに同梱されている Office カード(プロダクトキー)を用意する。
  • Microsoft アカウントを持っていない場合は、あらかじめ作成する。

ちなみに、セットアップ作業のときにはインターネットにつなぐ必要があります。

なぜ プレインストール ソフトを使うのに登録が必要なの?

プレインストールという言葉を聞いたことはありますか?

プレインストール ソフト(あるいはプリインストール、pre-install)とは、購入時にインストールされているソフトのことです。

パソコンに同梱されているプロダクトキーが「ソフトを利用する権利書」になっています。この「ソフトを利用する権利」のことを「ライセンス」といいます。

ちなみに購入後に追加する場合は、パッケージ版ソフトといいます。

以前は、パソコンに電源を入れるだけで使えたのですが、最近はいろいろな登録作業が必要なものが多いです。

ソフトを使い始めるときに登録が必要といわれると、昔からパソコンを使っている人は戸惑うかもしれません。

これはかつて「海賊版」と呼ばれるソフトの違法コピーが横行したからです。

デジタルデータは簡単にコピーできてしまうため、違法コピーが増えるとソフト会社はつぶれてしまいます。

そのため、利用するときに会員認証をして、その人以外がコピーしても使えないようにする仕組みができました。

マイクロソフトオフィスの場合は、Microsoft社のサポートサービスを利用するので、Microsoftアカウント必要になります。

Microsoft アカウント

Microsoft アカウントは、Microsoft の各種サービスを利用するために使用されるアカウントで、無料で作ることができます。

ちなみに、「Microsoftアカウントを作る」というのは、「Microsoftに会員情報を登録する」と言い換えることができます。

マイクロソフトには、以下のように多様なサービスがあります。

Microsoft アカウントを持つことで、これらすべての Microsoft サービスに1 つのパスワードでサインインできることになります。

  • Webメール サービス Outlook.com、
  • オンライン文書作成ソフト(Office Online アプリ)
  • テレビ電話(Skype)
  • オンラインストレージ(OneDrive)
  • ゲーム(Xbox Live)
  • 検索サービス(Bing)
  • パソコンの基本システムの保守・更新( Windows)
  • アプリの販売(Microsoft Store)

ちなみに、Microsoft アカウントは、以前は “Windows Live ID(ウィンドウズ・ライブ・アイディー)” と呼ばれていました。

OfficeライセンスをMicrosoftアカウントに関連付ける

マイクロソフトオフィスの初回起動時に、プロダクトキーを画面に入力し、それからの自分のMicrosoftアカウントでサインイン(IDとパスワードを入力する)します。そして、インターネットを通してOffice のライセンス所有者であることを確認され、ソフトのライセンスとアカウントに関連付けされます。

この関連付けをしておくことで、Officeが利用できるようになるだけでなく、故障やトラブルがあったときにOffice を再インストールできるようになります。

Officeの初期セットアップの手順

スタートメニューからいずれかの Office アプリケーション(例ではExcel)を起動します。

※Office アプリケーションを初めて起動すると「プロダクト キーを入力します」 ダイヤログが表示されます。

コンピューターに同梱されているカードに記載の 25 文字のプロダクト キーを入力して [Office をライセンス認証] ボタンをクリックします。

※プロダクトキーは、同梱カードの内側にある銀色のシールをはがすと確認できます。

Microsoft アカウントを持っている場合は、[サインイン] をクリックします。

登録してある Microsoft アカウントのID(メールアドレス)とパスワードを入力します。

※ Windows ログインで既に Microsoft アカウントにサインインしている場合は、このステップは省略されます。

※もし、この時点でまだ登録できていない場合は、[アカウントの作成] をクリックして登録することができます。

「Office を準備しています」画面が表示され、自動的に「Office はまもなく準備ができます」画面に切り替わります。

使用許諾契約書に[同意して XXXX を開始] ボタンをクリックします。

「準備ができました。」画面が表示され、認証作業は完了するので、[OK] ボタンをクリックします。

ブログ村ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
パソコン基礎知識
\記事が役に立ったらシェアしてね/
\ちいラボをフォローする/
スポンサーリンク
ちいラボ
タイトルとURLをコピーしました